September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

情報



情報は財産だ。しかし、捨てる覚悟も必要である。



人は自分の意思や気持ちを伝えたい生き物である。

そして、その欲求を充たすために、様々なものを生み出してきた。


現在、知られているもので最古なものは、象形文字ではないだろうか。


パピルス、木簡、紙、活版印刷・・・

いろんなものを駆使して、自分を表現してきたのである。


発信して、相手に届くまでの時間がかかるのが当たり前であった。

この時間が愛おしくもあり、もどかしくもあったものだ。


そして、時代も変わり、
その時間的距離は一気に縮まりをみせる。


誰もが、ほんの一瞬で発信できるようになったのだ。

手軽になった分、
内容が軽くなったような気がすることは否めないが
それを補ってあまりあるスピード感である。


誰もが気安く情報発信を出来る・・・

つまり、情報が氾濫するということ。


情報を取捨選択することができずに、
波にのまれる人が多く生まれているはずである。

 
  • 自分にとって必要な情報はなんなのか?
  • そして、その情報はどうやったら収集することができるのか?


これらのことを意識しておくだけでも、
その波から身を守る防波堤にはなるであろう。


今、必要ではない、自分の行動に繋がらない情報は
思い切って手放してみよう。


けっして、情報を捨てるのではない。
必要な時に必要な情報を受け取るのだ。


これが意識的にできるようになると、
自分の時間をより創造的な活動に使うことができるようになる。

集中して時間を活用することで、
作業効率もあがり、余裕も生まれてくる。

結果、さらに必要な情報を収集することできる時間を得るのだ。


このスパイラルを理解できれば、
情報(今は必要ない)を遠慮なく手放すことができるはず。



そのために、今、自分にとって必要な情報はなにか?

つまり、自分は何のために生まれてきたのか?

そんな 『自分のシナリオ』 を思い出しておこう。




 
12>|next>>
pagetop